交通事故の過失割合は弁護士に相談するとよい

バナー

交通事故の過失割合は弁護士に相談するとよい

交通事故で、一番もめるのは、過失割合です。

こちらがぶつけられた場合でも、たいていは、こちら側の過失も取られます。

Yahoo!知恵袋情報が様々な条件で検索可能です。

それはなぜでしょうか?答えは、交通事故の過失割合は、警察が決めるものではないからです。
それでは、現状はどのようになっているか?というと、警察は事故の処理をして事故証明書を発行してくれるだけです。

事故調査でも交通の安全のためのに時間短縮をして、特別真剣な聞き取り調査を行うわけではなく、過去の事例に当てはめて、「この場合は、大体こういう事故だろう」と処理しています。

そのために、「このケースについては自分は悪くないはずだ」と思っても、民法上は過失が取られることがほとんどです。

それでは、民法ではなぜそのようなことになるのでしょうか?それは、民法の考え方によっています。

民法では、刑法のように人を裁くのが目的ではありません。

生じた損害をどのように公平に負担させるか?というところにポイントがあり、そのために、なるべく、みんなに負担を分配させようという考えか有るからです。

しかし、民法上はそうであっても、自分の車が止まっているところに追突されたりして、自分には過失がないという自信がある場合は闘ったほうが得です。



なぜならば、たいていの人は、自分の過失がとられても自分の保険会社がその分を払うので大丈夫と思っていますが、最近の保険は、過失がとられればその分の自動車保険の等級が下がり、あとから保険料を割り増しされる仕組みになっています。

そのために、昔よりも最後まで争う意味が出てきました。

あなたの期待に応える交通事故の慰謝料の人気が上昇しています。

そこで、争う場合は、弁護士をつけてでも得な場合があります。過失について不満な場合は、一度、交通事故について弁護士相談に行ってみるとよいです。

弁護士相談は30分で5000円です。