自然葬では葬儀は必要ないのか

  • 自然葬では葬儀は必要ないのか

    • 自然葬とは葬送方法の1つのカテゴリーです。

      神戸の遺品整理情報を網羅した総合サイトです。

      日本において可能な自然葬は、散骨と土葬になります。
      ただし散骨については地域住民などとのトラブルを避けるように配慮しなければなりません。

      土葬においても、それを受け入れている都道府県は数少なくなってきました。



      自然葬でトラブルにならないためには、信頼できる業者に依頼するのが一番安心でしょう。

      今、評判なのはこちらの桑名で葬儀の知識を持つことが重要です。

      これらは葬送方法になりますので、葬儀を執り行うか行わないのか、またどのような葬儀にするのかといったこととは関係がありません。

      http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170210-00010000-php_t-bus_all情報をご紹介いたします。

      大きな葬儀をしても自然葬を選択する人もいます。たとえば有名人などで、大好きだった海に散骨した人が過去にいましたし、これからも増えるでしょう。
      しかし有名人の性として、ひっそりと葬儀を行うことが許されない環境ということは多々あります。

      密葬で執り行っても、後日、沢山の人が訪れる「お別れの会」を開催したりなどしなければならないのです。

      http://top.tsite.jp/entertainment/celebrity/i/25089638/

      葬儀は本人の遺志も大きく関わりますが、「ぜひ最後のお別れがしたい」という、縁者の気持ちに対しての想いやりの部分にもなってきます。
      そのような縁者が少なかったり、身内だけで送り出したい、送られたいという思いがあれば、家族葬などの小規模葬儀を選択しても差し支えありません。
      葬送方法が自然葬であっても、葬儀を執り行うのか、どういった形式にするのか、それは人それぞれになります。

      http://www.47news.jp/feature/medical/news/0314taiso.html情報を参考にしましょう。

      「こうしなければならない」といったセオリーはありません。

  • 関連リンク

    • 散骨のような自然葬は、以前、墓埋法にある埋葬や遺骨の埋葬は墓地以外で行ってはならないという内容の規制と、遺骨遺棄罪を定めた刑法に抵触するのではないかといった懸念がありました。しかし厚生労働省は墓埋法の解釈について、遺灰を海や山にまくいわゆる現在の自然葬といった葬法は想定していないために対象外だといった見解を示しています。...

    • 日本において、自然葬についての法律は整備されていません。その中で、地域住民とのトラブルを回避する、また死体遺棄の法律に抵触しないといったことに配慮を行いながら実施すべきものとなっています。...